熱中症の予防に水分補給

熱中症の予防に水分補給

基本的な熱中症の予防としては体調管理や服装等を考えると言う事です。その中でも一番基本的な予防は水分補給です。
特に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だと言う事を覚えておきましょう。
スポンサーサイト

基本的な熱中症の予防としては体調管理や服装等を考えると言う事です。その中でも一番基本的な予防は水分補給です。
特に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だと言う事を覚えておきましょう。

 

人間は通常2リットルもの水分を体内から失っていると言われています。
これは通常時の事になります。真夏等暑い日は1時間で1リットルもの汗をかく場合もあるみたいです。

 

これだけ急激に水分が体内から無くなってしまうと脱水症状を起こしてしまう可能性が出てきます。こうなると喉がカラカラになってしまいます。こうなってしまうと熱中症を予防すると言う観点では遅いと言う事になります。だからと言ってビールや冷たいジュースばかり摂取するのも注意して下さい。冷たい物ばかり飲んでいると胃に負担がかかる事になります。ですから、有る程度の冷たさの水分をこまめに摂取する様にする事が熱中症の症状を予防するのに効果的なのです。

 

高齢者の方は熱中症になりやすいと言われています。高齢者になってくると代謝が悪くなるのかトイレにいく回数も減ってきますし、水を飲む量も減ってきますのでこまめに飲む様にしましょう。更に熱帯夜なんかでは寝ている最中でも熱中症の症状を引き起こす事が有ります。

 

暑い夜は1杯だけでも寝る前にお水を飲んでから寝る様にすると熱中症予防になります。取る水分はスポーツドリンクの方が塩分も含まれていますので効果的です。ただし糖分も含まれていますのでカロリーがちょっと気になると言う場合は、薄めて飲んでも良いでしょう。