あせもの予防にベビーローション

幼児の肌は、いつもうるおっているように見えますが、大人よりも乾燥しやすいので、シャワーやお風呂から出た後は、保湿ケアを行うことが大切です。
保湿ケアに気をつけてあげることで、肌のバリア機能が強化して、あせも予防にもつながるのです。

 

しかし、保湿アイテムといってもさまざまな種類があり、どれを選べば良いのかわからりにくいと思います。
小さな子どもさんが安心して使える保湿アイテムは、「ベビーローション」です。
“ベビー”と名前に付いているので、赤ちゃん専用のアイテムだと思われますが、もちろん幼児期の子どもさんにも使えます。
それに、赤ちゃんにも使えるということは、それだけ刺激が少なく安心して使えるということです。

 

ベビーローションにも種類がいくつかあって、しっとりタイプやサラサラタイプ、香りの付いたタイプなどがあります。
どれも“保湿”という目的は変わらないので、使い心地や香りは好みによって選ぶと良いでしょう。
また、ベビーローションと似たものに「ベビーオイル」がありますが、その違いは何かというと、ローションはみずみずしくて乳液のような使い心地で、オイルは油分が多く少しベタベタします。
そのため、ローションは広範囲に塗りたい時に、オイルは特に乾燥している部分に塗るなど、使い分けると良いでしょう。

 

ベビーローションは、生まれたばかりの新生児から使うことができるので、肌トラブルが起こりやすい時期に、こまめにケアしてあげましょう。
それでも、肌が荒れやすい子には、オーガニック原料のものや、薬用成分が配合されているものがおすすめです。
また、ベビーローションは、低刺激の成分や余計なものが含まれていないので、肌の弱い大人にもおすすめで、普段のケアアイテムとして使うと良いでしょう。

 

ベビーローションを塗るタイミングは、お風呂で体をきれいに洗って、タオルドライした後です。
ベビーローションは、顔から足までたっぷりと塗ることができるので、全身の保湿ケアになります。
この時に、ベビーローションをそのまま体に塗ると、冷たくてびっくりしてしまうので、手で少し温めてから塗りましょう。
さらに、優しくマッサージしながら塗ってあげると、スキンシップの時間にもなります。

 

ベビーローションの選び方は、「低刺激」「無香料」「無着色」などと書かれているものが安心です。
ただ、子どもさんの肌質はそれぞれ異なるので、安全な成分のものでも赤くなったり湿疹ができたりすることもあります。
そのような場合は、すぐにそのベビーローションの使用をやめて、小児科を受診しましょう。

貴方の身体病んでいませんか?