スポンサーサイト

あせもを予防する食べ物

あせもを予防するために大切なことは、汗をかいたら拭き取って、清潔な状態を保つことですが、食べ物からもあせもを予防することができるます。
それでは、あせもに効果的な食べ物について取り上げます。

 

まず、あせもができている時に、あまり食べない方が良い食べ物を紹介します。
それは、刺激となるもの、「肉類や乳製品」です。
これらの食材は、エネルギー源として私たちの体に必要な脂肪酸がですが、血液がドロドロの状態になりやすくなり、体にほてりの症状を引き起こすことがあります。
あせもができている時は、体を冷やすことが大切なので、ほてりによってあせもの症状を悪化させてしまします。

 

次は、あせもの症状を軽減してくれる食材です。
それは、サバやサンマ、マグロ、ブリなどの魚で、炎症を減らす作用があると考えられているので、食卓に多く取り入れると良いでしょう。
また、かゆみを抑えるのに効果的として、「ビタミンA、C、E」を含む食材が挙げられます。
ビタミンA、C、Eを多く摂取するには、緑黄色野菜をたくさん食べることです。
蒸し野菜にして食べるなど、できるだけ多く食べられるように調理を工夫しましょう。

 

「ごぼう」もあせも予防に効果があります。
ごぼうには、収れん作用や消炎作用がある「タンニン」が含まれるので、開いた毛穴を引き締める効果があります。
また、制汗作用もあるので、あせもや湿疹などの肌トラブルを改善してくれるのです。
さらに、ごぼうに含まれる成分「サポニン」と「アクチゲニン」は、免疫力を高める効果があり、肌トラブルを引き起こしにくくします。
それに、ごぼうには「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」がバランス良く含まれるので、腸内の善玉菌を増やす作用があり、腸内環境が良くなるので、免疫力が高まり肌の調子も整います。
これだけの優れた作用のあるごぼうは、あせも予防に欠かせない食材と言えるでしょう。

 

あせも対策には、まず、汗をかいたらすぐに拭いて、できればシャワーを浴びるなどして、常に清潔な状態を保つことです。
乳幼児の場合は、汗のかきにくい服を選んだり、室温を調整したりして、快適に過ごせるように心がけることも大切です。
そして、毎日の食事で、あせもを予防する効果のある食材を取り入れましょう。
離乳食が始まった赤ちゃんは、これらの食材を食べやすいように工夫し、幼児の場合は、好き嫌いが出てくることもあるので、子どもさんが好きなメニューに混ぜるなどして食べさせてあげましょう。

スポンサーサイト

貴方の身体病んでいませんか?