幼児 あせも記事一覧

幼児は汗をよくかきますが、そのままにしておくと「あせも」ができやすくなります。あせもを予防するためには、お母さんやお父さんは、子どもさんが汗をたくさんかいた時に、しっかりと対処してあげることが大切です。あせもは、汗や汚れなどが汗腺に詰まると炎症を起こし、小さな発疹として現れるものです。乳幼児の場合は、汗腺が活発に働くので、汗を大量にかいた後に放っておいたり、肌の汚れをしっかりと取らなかったりすると...

幼児は、大人よりも汗をかきやすく、自分であせも防ぐためにケアするのは難しいので、すぐにあせもになってしまいます。あせもができてしまうとかゆくてかわいそうなので、親御さんが注意してあせも予防に取り組みましょう。あせもをできなくするために大切なことは、「清潔な肌を維持すること」です。そのため、汗をかいたら、できるだけ早くタオルで優しく拭き取り、夜はお風呂できれいに汚れを洗ってあげましょう。お風呂で体を...

夏場は、部屋にいても暑くて汗がたくさん出て、熱中症になってしまうこともあります。そのため、室内でも、エアコンや扇風機を使って、快適な室温を保つことが大切です。汗を大量にかくと、脱水症状や塩分不足になって筋肉が痙攣するなど、熱中症の症状が現れるなど大変危険です。特に、熱帯夜となる夜間は、寝ている間にたくさんの汗をかきますし、布団に皮膚が当たっているので、あせもができやすい環境にもなります。それでは、...

肌にこれまでトラブルが起こったことがない幼児でも、汗をたくさんかくと「あせも」ができてしまいます。そうすると、お母さんは「皮膚科へ行かないといけないのかな?」「あせもだけで受診するのはおかしいかな?」と、いろいろ考えてしまうでしょう。「あせもかな?」と思ったら、まず、子どもさんがかきむしって、肌を傷つけてしまったり化膿したりするなど、症状を悪化させないために、見つけたらすぐにおうちでケアをしてあげ...

暑くなってくる季節になると、汗をかきやすく肌も弱い赤ちゃんや幼児はあせもができやすくなるので、早めに対処して悪化させないようにすることが大切です。しかし、薬局やドラッグストアなどへ治療薬を買いに行っても、あせも対策の薬はたくさん種類があって、どれが子どもさんの症状に一番合っているわからず、困ってしまうかもしれません。それでは、赤ちゃんや幼児におすすめのあせも治療薬を紹介します。以前は、薬局で売られ...

赤ちゃんや幼児にあせもができていると、お風呂に色のついた入浴剤を入れるのは、あせもを悪化させてしまいそうで抵抗を感じるかもしれません。しかし、入浴剤にもさまざまな種類があり、あせもなどの肌トラブルに効果的な入浴剤もあるので、それによって症状が緩和する可能性もあるのです。また、入浴剤によって、汗管に汚れを溜めにくくし、皮膚の表面にいる菌を繁殖させないようにして、皮膚がもつ“バリア機能”を高める効果も...

赤ちゃんや幼児など小さな子どもさんのあせも対策に使うものは、できるだけ天然成分のものを求める親御さんも多いでしょう。そこでおすすめなのが、「ミョウバン」です。ミョウバンとは、簡単に説明すると、アルミニウムの硫酸塩と、カリウムの硫酸塩がくっついた複合塩で、透明な結晶の「生ミョウバン」と、それを加熱・脱水した「焼きミョウバン」があります。ミョウバンは、漬物の発色を良くしたり、麺のコシを出すための“かん...

幼児の肌は、いつもうるおっているように見えますが、大人よりも乾燥しやすいので、シャワーやお風呂から出た後は、保湿ケアを行うことが大切です。保湿ケアに気をつけてあげることで、肌のバリア機能が強化して、あせも予防にもつながるのです。しかし、保湿アイテムといってもさまざまな種類があり、どれを選べば良いのかわからりにくいと思います。小さな子どもさんが安心して使える保湿アイテムは、「ベビーローション」です。...

赤ちゃんや幼児は、大人よりも汗をかきやすく、髪の毛がびっしょりと濡れてしまうほど、頭からも汗が出ます。顔や体に汗をかいた時は、塗れタオルで拭いてあげたり流水で顔を洗ったりすれば良いのですが、頭の場合はそれがなかなかできないので、頭皮にあせもができやくなります。頭皮にあせもができた場合、しっかりとケアしてあげないと、かゆくてかきむしってしまい、頭皮や髪に悪影響を与えることもあります。あせもが頭皮にで...

赤ちゃんや幼児に「あせもかな?」と思って、さまざまな対策を取ったり薬を塗ったりしてあげても、全く症状が改善されなかったり、悪化してしまったりしている場合は、その症状はあせもではなく、別の病気によるものかもしれません。一見、あせものような症状でも、実は別の病気が原因ということもあるので、十分に確認して、適切な対策を取れるようにしましょう。・あせものより乳幼児にできやすい病気で、簡単に説明すると、あせ...

あせもは、乳幼児にできやすい症状のイメージがありますが、大人でもあせもはできます。大人の場合、皮膚の弱い赤ちゃんや幼児に比べて、あせも対策グッズなどを使いやすいですし、自分でケアできます。しかし、汗をかきやすい体質の人や運動をよくする人、仕事などで外を歩くことが多い人など、こまめなケアができないケースもあるでしょう。毎日忙しいと思いますが、汗をかいてそのままにしてしまうと、あせもができたり、それが...

あせもを予防するために大切なことは、汗をかいたら拭き取って、清潔な状態を保つことですが、食べ物からもあせもを予防することができるます。それでは、あせもに効果的な食べ物について取り上げます。まず、あせもができている時に、あまり食べない方が良い食べ物を紹介します。それは、刺激となるもの、「肉類や乳製品」です。これらの食材は、エネルギー源として私たちの体に必要な脂肪酸がですが、血液がドロドロの状態になり...

赤ちゃんや幼児くらいの小さな子どもさんでは、あせもに悩まされる子の方が多いように思います。あせもを治すために、いろいろな対策を取っていても、一度、あせもができてしまうと、なかなか治らないので、困ってしまいますよね?あせもを予防するためには、いくつかの注意点がありますが、ここでは“服装”について取り上げます。赤ちゃんや幼児の子どもさんに着せる服によっては、あせもになりやすくなってしまうものもあります...

暑い季節になると、体温が高い赤ちゃんやよく動き回る幼児は汗をかきやすいので、あせもができやすくなってしまいます。しかし、大人でも、外に出る機会の多い人や、室内でも室温や湿度が高いところで仕事をする人など、汗をかきやすい環境にいる人は、あせもができやすくなります。ただ、大人の場合、あせもの原因が「ストレス」や「食生活」に関係していることもあるので、それについて取り上げます。ストレスが原因でできるあせ...

貴方の身体病んでいませんか?